まるで自分の髪の毛のように頭皮にしっかりなじむ自毛植毛

植毛

自毛植毛に男性ホルモンの影響はある?

ハゲ、薄毛、抜け毛に悩んでいる方はかなり多いことでしょう。特に厄介なのが、生え際や頭頂部が真っ先にその影響を受けてしまうということです。非常にみすぼらしい状態になってしまい、心の平穏が崩れてしまう程悩んでしまう方も珍しくありません。
そんな方には育毛剤などで悠長に髪の毛が生えてくるのを待つよりも、カツラの着用をするよりも、自毛植毛という自分の毛を直接植えることで解決する方法が根本的な解決になりますし、おすすめ出来る方法だと断言します。しかし、自毛植毛を行う上で知っておくべき知識があります。
まず、なぜ薄毛や抜け毛が起きるのかというと、男性ホルモンが関係しています。男性ホルモンはテストステロンという物質でほとんど作られているのですが、このテストステロンが抜け毛の原因と言われる頭皮の皮脂を分泌させてしまっているのです。
さらに髪の毛の主成分であるたんぱく質の生成をテストステロンは邪魔してしまい、健康な髪の毛が出来にくく、抜け毛ばかりが増える状態になってしまうのです。特に頭頂部や生え際などがその影響を受けやすいそうで、こういった部分の毛乳頭と結合してしまいやすくなるのだそうです。
そこで自毛植毛により、影響の比較的少ない側頭部や後頭部の髪の毛を植毛することで、男性ホルモンに影響されず、すぐには抜けずに生え変わる自然な髪の毛を生やすことが出来るのです。