まるで自分の髪の毛のように頭皮にしっかりなじむ自毛植毛

植毛

自毛植毛の時のクリニックの選び方

男性

自毛植毛という言葉を聞いたことがありますか?自毛植毛とは最新の薄毛、抜け毛治療です。薄毛や抜け毛に悩んでいる人であっても、側頭部や後頭部には十分に毛が残っていることが多いです。その残っている毛を薄毛や抜け毛の部分に植え付けることによって薄毛や抜け毛を解消するというのが自毛植毛です。
人工植毛と異なり、自分自身の毛を植え付けるのですから拒絶反応が生じにくいというメリットがあります。植え付けた毛髪は植え付けられた場所で伸び続けます。なので、生えている毛髪が抜けても植え付けられた毛根からは新たに毛髪が生えてきます。
手術にはFUE法とFUT法の二つがあります。FUE法はメスで切らない植毛法であり、FUT法はメスで切る植毛法です。どちらかと言えばFUE法がオススメであると言えましょう。
しかしながらFUE法にも欠点があります。それはFUE法では毛包(毛根を包む組織)を一つ一つ採取するので毛根部を傷つけたり、採取した毛包を植え付けるまでに時間が掛かってしまい、十分に定着しないことがあるということです。
そのような欠点も新しい技術によって克服されつつあります。したがって技術力の優れたクリニックでFUE法で手術を受けることが最善であると言えましょう。

自毛植毛とは?費用はどのくらいか?

薄毛治療の1つとして行われる自毛植毛ですが、植毛は保険適応外の自由診療になります。となると、費用がどのくらいかかるか心配ですよね。そんな費用について紹介したいと思います。
自毛植毛は薄毛の影響を受けにくい自分自身の後頭部辺りから、髪の毛を作る組織(毛包)を採取して、薄毛の気になる辺りに移植します。簡単にいえば髪の毛の引っ越しのようなものです。クリニックで行う施術方法は大きく分けてメスを使う方法(FUT法)と使わない方法(FUE法)に分かれています。
そして、自毛植毛を行うメリットは以下の2つが挙げられます。1つ目は毛包が死んでいても移植することが可能で、定着したら半永久的に薄毛にならないこと。2つ目は手術は日帰りなうえ、定期的にクリニックに通うなどのメンテナンスがいらないことです。
先程、説明しました施術方法によって費用も変わってきます。メスを使用して切開するFUT法と、メスを使用せずパンチという機器で毛包を採取し移植するFUE法では、FUE法の方が時間がかかり費用も高くなりやすいです。
そして、移植する毛包の単位をグラフトといい、費用の目安となる1000グラフトは約60cm2で髪の毛2500本前後になります。この量は生え際や前頭部のような部分的な植毛の範囲になります。1000グラフトの費用は、クリニックにより差はありますが相場として、FUT法→約65万円、FUE法→約150万円になります。

確実に解決に導いていく自毛植毛

みなさんは、薄毛が気になりだした時に、育毛剤などを使用しますか?育毛剤などには、もちろん副作用があったり効果をあまり感じない時があると思います。やはり、薄毛は確実に解決していきたいですよね?
そんな方にオススメな、植毛法があります。それは、自毛植毛です。みなさんは、自毛植毛を聞いたことがありますか?自毛植毛とは、その名の通り自分の髪の毛を薄毛が気になる部分に、移植するという植毛法となります。自毛植毛とは、自分の髪の毛を使っているため、副作用やアレルギー反応、拒絶反応などがおこる心配がありません。
髪の毛を痛めたり、頭皮に対して悪影響が無い安心な植毛法となります。自毛植毛は、移植後に周りの髪の毛と同様に成長していきます。ですので、薄毛に対して即効性はありませんが、確実に解決することができます。
自毛植毛には、年齢制限などはないため、若い方にも安心して受けることができると思います。自毛植毛は、1度の手術費用がお高くなりますが、植毛後に特別なメンテナンスなどが必要ないです。メンテナンスなどがないため、その分安くすみます。最近薄毛が気になりだしている方、本気で解決したい方は、是非一度自毛植毛を試してみてください。